AWS IoTへのデプロイ

enebular では作成した Flow を AWS IoT を経由してデバイスにデプロイすることができます。

デプロイするには、以下の前提を満たす必要があります。

  • ユーザーがAWSアカウントを作成済みであること
  • デプロイ先のデバイスにenebular-agentがインストールされていること
  • AWS IoTにデプロイ先のデバイスがモノとして登録されていること
  • enebularでAWS IoTのConnectionが作成されていること

enebular-agentのインストール方法とAWS IoTへのモノの登録については、こちらをご参照ください。

Connectionの作成方法については、AWS IoTのConnection作成をご参照ください。

Flow の作成

今回はデプロイする対象として以下のようなサンプルのFlowを作成します。

image

Flowを作成したら、Deployボタンを押下することにより保存します。

image

Flowのデプロイ

作成したFlowを、AWS IoTに接続されたデバイスにデプロイします。

Deployタブの[Deploy]ボタンを押します。

image

Select Connection for Deploymentダイアログに作成済みのConnectionのリストが表示されるので、デプロイ先のデバイスが接続されたConnectionを選択します。

image

選択したConnectionに接続されたデバイスの一覧が表示されます。

image

デプロイしたいデバイスをチェックし、[Deploy]ボタンを押すとデプロイが開始します。デプロイの履歴のリストで Deploy Status にチェックマークがついていれば成功です。

image

また、デバイス側のログで更新されているのが確認できるかと思います。

image

image

ログにunauthenticatedと出ますが、これはライセンスを未購入であることを表します。ライセンスがなくてもFlowは動作しますが、ライセンスを購入することでステータスやログの監視ができるようになります。

results matching ""

    No results matching ""