実行環境とは

実行環境の概要

実行環境は、Node-REDのフローを実行するクラウド環境です。

実行環境で実行できるフローは、通常のNode-REDのフローとは異なり、enebularのオフィシャルノードであるLCDP inとLCDP outノードを利用して作成する必要があります。LCDP in / outノードの役割は以下の通りです。

  • LCDP in: フローの起点となるノードです
  • LCDP out: フローの終点となるノードです

LCDPとは、Low-Code Development Platformの略で、ここではenebularのクラウド実行環境で動作するフローの開発環境を指します。 LCDP in / outノードは、Discover Assetsからプロジェクトにインポートして利用します。

通常のNode-REDでは、Injectノードを使って定期的に実行するフローを作成したり、HTTP In / Responseノードを使ってHTTPリクエストで呼び出すフローを作成・実行できますが、実行環境ではそのようなフローを実行できません。

作成したフローは、実行環境にデプロイして利用しますが、デプロイしただけでは実行されません。実行するには、トリガーと呼ぶ、フローの呼び出し方法を設定する必要があります。

トリガーには、以下の二種類があります。

  • HTTPトリガー
    HTTPリクエストによりフローを実行するトリガーです。
  • スケジュールトリガー
    一定時間毎、または特定時刻になったらフローを実行するトリガーです。

実行環境にフローをデプロイし、利用可能にする流れは以下の通りです。

  1. 実行環境を作成します
  2. 実行環境にデプロイするフローを作成します
  3. 実行環境にフローをデプロイします
  4. 実行環境にトリガーを設定します

フローの作成の仕方については、「実行環境向けフローの作成」で説明します。

実行環境の作成、フローのデプロイ、トリガーの設定ついては、「実行環境の管理」で説明します。

利用制限

実行環境は、プロジェクトプランに応じた利用制限があります。

プロジェクト毎に作成できる実行環境数

プロジェクト内に、以下の上限を超えて実行環境を作成することはできません。

  • エンタープライズプランのプロジェクトの場合: 5
  • トライアルプランのプロジェクトの場合: 2
  • フリープランのプロジェクトの場合: 2

月当たりの利用上限

月間の実行環境の使用状況には、以下の上限があります。

エンタープライズ トライアルおよびフリー
HTTPリクエスト回数 3,000,000回 50,000回
実行時間 1000時間 24時間
ログサイズ 5GB 0.1GB

上限を超えた場合は、以下の通り実行環境の利用は制限されます。

  • スケジュールトリガー/HTTPトリガーのいずれの方法でもフローを呼び出せません
  • 実行環境の設定を変更できません
  • 実行環境を削除できません

制限されても、次の月の1日1時頃(UTC時間)に制限は解除されます。

results matching ""

    No results matching ""