デプロイについて

Introduction で述べたように、enebular では作成したアセットをデバイスにデプロイできます。

Deploy flow

Node-RED のフローエディタで作成したデータフローである Flow は外部サービスと連携してデバイスへデプロイできます。

下の画像のように enebular から立ち上げるフローエディタで [Deploy] という操作ができますが、こちらは Flow を保存することが目的で数分間でスリープします。

deploybutton

永続的に稼働させるには外部サービスを利用してデバイスへデプロイする必要があります。

Introduction でも触れましたが、デプロイをする際に知っておくべき概念が 2 つあります

  • デバイス:アセットの実行環境となるデバイス本体
  • デバイスマスター:enebular からのデプロイのリクエストを受けてデバイスにデプロイを行ったり、デバイスの監視や enebular へのログ送信を行うデバイスのマスター

devices

AWS IoT や Pelion Device Management などエッジデバイスにデプロイをするクラウドサービスの場合、エッジデバイスがデバイスとなり、クラウドサービス自体はデバイスマスターとなります。

Heroku や AWS Lambda などクラウド上に実行環境が存在する場合は、クラウドサービスがデバイスデバイスマスターの両方の役割を担います。

デプロイ可能なフローのサイズ

enebular-edge-agent

最大サイズ:5kB

enebular-agent

最大サイズ:100kB

cloud service

ターゲット 最大サイズ
Heroku 100kB
AWS Lambda 100kB

具体的なデプロイ方法は以下になります。 ※デプロイ失敗時にデプロイのリトライは行われません。

エッジ

クラウド

デプロイ結果の確認

デプロイ結果は、アセットのDeployタブで確認することができます。 この画面では、デプロイ指示毎に以下の情報を確認できます。

  • Target Count
  • Status
  • Version
  • Connection Name
  • Deployed By
  • Requested Time
  • Last Updated Time

Status が実行結果であり、以下の何れかが表示されます。

Status の種類

Status Description
Successful 複数のデバイスに対して実行した Deploy が全て成功した場合
Failed 複数のデバイスに対して実行した Deploy が少なくとも 1 つ失敗した場合
Processing 複数のデバイスに対して実行した Deploy が完了していない場合

各デプロイ指示の行をクリックすると、デバイス毎の実行結果を確認できます。 この画面ではデバイス毎に以下の情報を確認できます。

  • Device Name
  • Deploy Status
  • Requested Time
  • Status Last Updated Time

また、再度デプロイを行いたい場合、この画面に表示されるRedeployボタンを押すことで実行できます。 Redeployボタンを押すとデプロイ対象を選択するためのダイアログを表示します。ここで再デプロイが必要な Target をチェックし、ダイアログのRedeployボタンを押すと再度デプロイを実施します。

results matching ""

    No results matching ""