RAVEN

* 他の言語で閲覧するときは右記リンクを参照してください: English, 日本語

enebular Reference Board "RAVEN"は、IoTオーケストレーションサービスenebularのエッジデバイス向け評価ボードです。

小型ボディに無線機能及び4つのI/Oコネクタを搭載し、簡単にenebularに接続することが可能です。

enebular-edge-agentのソフトウェアでフローの実行などの諸機能を使用できます。詳しくはIntroductionをご参照ください。

Table of Contents

  1. 価格
  2. 購入のフロー
  3. 内容物
  4. 各部説明
  5. 使用前の準備
  6. 初期設定
  7. 免責事項

価格

単価 20,000円(税別)

購入のフロー

  1. enebularにサインアップ後、ユーザー名をクリックして表示されるメニューより「Purchase RAVEN」をクリックするとRAVEN購入フォームが表示されます ※1
  2. RAVEN購入フォームに必要事項を入力し、Submitボタンを押下してください
  3. 弊社よりお見積り書を返信いたします
  4. お見積り書に記載の振込先に代金をお支払いください
  5. 入金の確認後、送り先住所にRAVENを発送いたします
  6. RAVENを利用します。初期設定方法はGetting Startedを参照ください

※1 RAVENを購入するにはenebularのProjectが1つ以上必要です。Projectの作り方はIntroductionを参照ください。

RAVENの購入方法について、ご不明な点がございましたら [email protected] までお問い合わせください。

内容物

以下のものが内容物です。

RAVEN-package

  • RAVEN本体
  • USBケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 本体貼り付け用ステッカー

各部説明

RAVEN-parts

  • USB … 電源供給及びPC本体と接続する為の端子(USB microB)です
  • USER SW … フロー経由で状態を読み取れるスイッチです。無線LAN設定時にも使用します
  • USER LED … フロー経由で点灯状態を設定出来るLEDです
  • RESET SW … リセットスイッチです。本体に異常が起きた際に使用します
  • PORT1-4 … フロー経由で機能を設定出来るI/Oコネクタです

ハードウェアについて詳細な情報が知りたい方はTechnicalDetailをご参照ください。

使用前の準備

RAVENをお使いいただくには、以下の準備が必要です。

  • 1ポート以上のUSB-A端子を持つPC、またはACアダプタ
    • 5V/0.5A以上を供給出来る機器を使用して下さい
  • インターネット(enebularサーバー)にアクセス出来る無線機器
    • RAVENは、ネットワークへの接続に2.4GHz帯(5GHz帯は非サポート)を使用します
    • IEEE 802.11 b/g/nに対応したアクセスポイントをご準備下さい
  • Portに接続したいセンサ/アクチュエーター
    • RAVENは、市販のセンサ及びアクチュエーターを使用する事が出来ます
    • 3.3V動作、ADC/UART/I2C/PWM/GPIO インターフェース、消費電流200mA ( 4ポート合計 ) までに対応します ※1
    • 使用可能なセンサはこちらを参照して下さい
    • 利用可能なインターフェースの組み合わせには制限が有ります

※1 フローエディタのノードから設定可能なインターフェースは、ADC/GPIO、また一部I2Cに限られます。詳しくはフローエディタから各ノードの説明をご覧ください。

初期設定

無線LAN設定の手順を説明します。

  • RAVENをSetting Modeで起動します。電源を入れ、セットアップが終わったときにUSER SWが押されているとSetting Modeに入ります。以下の方法が容易です
    1. RAVENをUSBケーブルで電源に接続します
    2. RESET SWを押してすぐ離し、USER SWを押し続けます
    3. USER LEDが赤く点灯するまでUSER SWを押し続けます( 5秒前後 )
    4. USER SWを離して下さい。離した後もUSER LEDが赤く点灯したままになる事を確認して下さい
    5. RAVENがSetting Modeで起動しています
  • Configurationを参照してSSID、及びパスワードの設定を行います
  • 設定完了後 RESET SWを押して直ぐに離します。RAVENがDefault Modeで起動します
  • 起動時にRAVENが無線LANへの接続を試みている間、USER LEDが点滅(0.1秒間隔)を繰り返します ※1
    • RAVENが無線LANの接続に成功するとUSER LEDが消灯します
    • USER LEDが点滅を続ける場合、RAVENは無線LANに接続できていません。次のことを確認してください
      • お使いの無線LAN環境が利用可能なことを確認してください
      • RAVENへのSSIDとパスワードの設定が正しいことを確認してください

※1 enebular-edge-agent 1.3.0 以降の場合の動きです。それ以前バージョンの場合はUSER LEDは消灯したままです。enebular-edge-agentのバージョンを知る方法はこちらを参照してください。

免責事項

本製品は、お客様にご利用いただき、評価をしていただく目的で開発されております。従いまして、本製品をご利用いただいた場合の、お客様のアプリケーションについての動作、不具合の発生その他の事項に対しては、明示又は黙示を問わず、一切の保証を致しません。 本書は、製品の保証に関するものではありません。この製品の保証については、お買い上げの販売店にお問い合わせ下さい。

使用上の注意

  • 直射日光の当たる場所、水気や湿気の有る場所では保管及び使用を行わないで下さい。故障、火災や感電の原因となる恐れが有ります。
  • 強い衝撃や圧力(落下、重量物を乗せる等)を掛けないで下さい。誤動作や故障の原因となる恐れが有ります。
  • 乳幼児の手の届く場所では使用しないで下さい。誤飲や怪我の恐れが有ります。
  • 不安定な場所で使用しないで下さい。製品の落下により、けがや破損の原因となる恐れが有ります。
  • 無線機器の使用を制限されている場所(医療機関、航空機内等)では使用しないで下さい。計器誤動作の原因となる恐れが有ります。
  • 紙、布、布団等で覆った状態で放置しないで下さい。発火や発煙の原因となる恐れが有ります。
  • 端子や筐体に異物を入れないで下さい。誤動作や故障の原因となる恐れが有ります。
  • 濡れた手で製品に触らないで下さい。感電の原因となる恐れが有ります。
  • 動作中にセンサコネクタの挿抜を行わないで下さい。誤動作や故障の原因となる恐れが有ります。
  • 本製品に付された表示を消去、除去又は汚損しないでください。
  • その他、本書に記載のない事項については、本製品に適用される利用規約の定めに従うものとします。

results matching ""

    No results matching ""