RAVEN

enebular Reference Board "RAVEN"は、IoTオーケストレーションサービスenebularのエッジデバイス向け評価ボードです。

小型ボディに無線機能及び4つのI/Oコネクタを搭載し、簡単にenebularに接続することが可能です。

enebular-edge-agentのソフトウェアでフローの実行などの諸機能を使用できます。詳しくはIntroductionをご参照ください。

Table of Contents

  1. 内容物
  2. 各部説明
  3. 使用前の準備
  4. 初期設定
  5. 免責事項

内容物

以下のものが内容物です。

RAVEN-package

  • RAVEN本体
  • USBケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 本体貼り付け用ステッカー

各部説明

RAVEN-parts

  • USB … 電源供給及びPC本体と接続する為の端子(USB microB)です。
  • USER SW … フロー経由で状態を読み取れるスイッチです。無線LAN設定時にも使用します。
  • USER LED … フロー経由で点灯状態を設定出来るLEDです。
  • RESET SW … リセットスイッチです。本体に異常が起きた際に使用します。
  • PORT1-4 … フロー経由で機能を設定出来るI/Oコネクタです。

ハードウェアについて詳細な情報が知りたい方はTechnicalDetailをご参照ください。

使用前の準備

RAVENをお使いいただくには、以下の準備が必要です。

  • 1ポート以上のUSB-A端子を持つPC、またはACアダプタ
    • 5V/0.5A以上を供給出来る機器を使用して下さい。
  • インターネット(enebularサーバー)にアクセス出来る無線機器
    • RAVENは、ネットワークへの接続に2.4GHz帯(5GHz帯は非サポート)を使用します。
    • IEEE 802.11 b/g/nに対応したアクセスポイントをご準備下さい。
  • Portに接続したいセンサ/アクチュエーター
    • RAVENは、市販のセンサ及びアクチュエーターを使用する事が出来ます。
    • 3.3V動作、ADC/UART/I2C/PWM/GPIO インターフェース、消費電流200mA ( 4ポート合計 ) までに対応します。※1
    • 使用可能なセンサはこちらを参照して下さい。
    • 利用可能なインターフェースの組み合わせには制限が有ります。

※1 フローエディタのノードから設定可能なインターフェースは、ADC/GPIO、また一部I2Cに限られます。詳しくはフローエディタから各ノードの説明をご覧ください。

初期設定

ネットワーク設定の手順を説明します。

  • RAVENをSettingModeで起動します。
    1. RAVENをUSBケーブルで電源に接続します。
    2. USER SWを押したままの状態でRESET SWを押して直ぐに離します。
    3. USER LEDが赤く点灯するまでUSER SWを押し続けます。( 5秒前後 )
    4. USER SWを離して下さい。離した後もUSER LEDが赤く点灯したままになる事を確認して下さい。
    5. RAVENがSettingModeで起動しています。
  • Configrationを参照してSSID、及びパスワードの設定を行います。
  • 設定完了後 RESET SWを押して直ぐに離します。RAVENがDefault Modeで起動します。

免責事項

本製品は、お客様にご利用いただき、評価をしていただく目的で開発されております。従いまして、本製品をご利用いただいた場合の、お客様のアプリケーションについての動作、不具合の不発生その他の事項に対しては、明示又は黙示を問わず、一切の保証を致しません。 本書は、製品の保証に関するものではありません。この製品の保証については、お買い上げの販売店にお問い合わせ下さい。

使用上の注意

  • 直射日光の当たる場所、水気や湿気の有る場所では保管及び使用を行わないで下さい。故障、火災や感電の原因となる恐れが有ります。
  • 強い衝撃や圧力(落下、重量物を乗せる等)を掛けないで下さい。誤動作や故障の原因となる恐れが有ります。
  • 乳幼児の手の届く場所では使用しないで下さい。誤飲や怪我の恐れが有ります。
  • 不安定な場所で使用しないで下さい。製品の落下により、けがや破損の原因となる恐れが有ります。
  • 無線機器の使用を制限されている場所(医療機関、航空機内等)では使用しないで下さい。計器誤動作の原因となる恐れが有ります。
  • 紙、布、布団等で覆った状態で放置しないで下さい。発火や発煙の原因となる恐れが有ります。
  • 端子や筐体に異物を入れないで下さい。誤動作や故障の原因となる恐れが有ります。
  • 濡れた手で製品に触らないで下さい。感電の原因となる恐れが有ります。
  • 動作中にセンサコネクタの挿抜を行わないで下さい。誤動作や故障の原因となる恐れが有ります。
  • 本製品に付された表示を消去、除去又は汚損しないでください。
  • その他、本書に記載のない事項については、本製品に適用される利用規約の定めに従うものとします。

results matching ""

    No results matching ""