フローの作成

フローの作成方法を説明します。

プロジェクト一覧からプロジェクトを選択してプロジェクトの管理画面に移動します。

projects

右下の + ボタンからモーダルを立ち上げます。

plus

モーダルが立ち上がるのでまず Asset Type に flow を指定します。

asettype

flow を指定すると、アイコンやタイトルの指定、および、アクセス権限の設定ができます。

modal

  • タイトル
    • 任意のフローのタイトル
  • 説明
    • 今回は何も入力しません
  • アクセス権限
    • edit, deploy, publish
  • カテゴリー
    • 今回の用途に合ったカテゴリを指定

continue

設定ができたら Continue ボタンをクリックします。

created

フローが作成されました。

※ enebular / enebular-agent は、Node-RED向けのすべてのノードが利用できるわけではありません。オープンソース・コミュニティで開発されるノードの利用は、利用者が自身のリスクで利用してください また、enebular-edge-agentは利用できるノードについて特に制限があります。詳しくは enebular-edge-agent > Nodes を参照してください。

Web Flow Editor の制限

Web Flow Editor は実行環境ではなく、開発環境として提供しています。 以下の制限があります。留意してください。

  • ハードウェア依存のノードが使用できない
  • 開発環境に依存するノードが使用できない
  • 大きなサイズのノードを import し、使用できない
    • リロードを繰り返してしまうことがあります
  • 生成される URL は一時的なものである
  • Node-RED で定義されているキーボードショートカット機能が一部使用できません

results matching ""

    No results matching ""