Logs

enebularでは、有償デバイスのログを確認することができます。 ログを閲覧したいデバイスのモニタリング設定をONにしてください。 ※モニタリング設定については、Device Listのページを参照してください。

enebular-agentとenebular-edge-agentで出力されるログの仕様が異なります。

view_logs

ログを閲覧するにはDevice Listよりログを見たい対象デバイスの右部にある[View Logs]を押してください。

enebular-agentのログ

enebular-agentはコンソール(stdout/stderr)に出力したログをenebularに送信します。 デフォルトでinfoレベルのログのみの出力となっています。環境変数DEBUGにより出力設定をdebugレベルへ変更することができます。

また、enebuar agentはNode-REDがコンソールに出力するログ全てをキャプチャ―します。Node-REDからキャプチャーしたログ内容は全てinfoのログレベルとしてロギングします。

起動後、フローデプロイ後の3分間は30秒毎にログを送信し、他の場合は5分毎にログを送信します。 また、システム終了時にログの送信を行います。

Node-REDのログ

Node-REDが出力するログはNode-REDの設定やノードの設定に依存します。 詳しくはNode-REDのドキュメントをご覧ください。

もし、Debugノードのログ出力をしたい場合は、Debugノードをdebug tab and consoleの設定にすることで、コンソールへの出力が有効になります。

debug_node_config

ログ画面の見方

enebular-agentのログ画面の例です。 cloud_logs

  1. ログを出力したタイムスタンプ
  2. ログ
  3. ログを出力したサービス ※ internalはenebular-agentを指します
  4. ログレベル
  5. enebularがログを受信したタイムスタンプ ※ タイムスタンプをクリックすることによって、閲覧するログの時刻を選択できます

また、Debugノードから出力されるログは以下のように表示されます。 debug_node

enebular-edge-agentのログ

enebular-edge-agentは動作ログ及びエラーログをenebularに送信します。

デバイスの起動後30秒でログを送信し、以降5分毎にログを送信します。

ログ画面の見方

enebular-edge-agentのログ画面の例です。 eea_logs

  1. ログ
  2. ログを出力した機能名
  3. ログレベル
  4. enebularがログを受信したタイムスタンプ ※ タイムスタンプをクリックすることによって、閲覧するログの時刻を選択できます

enebular-edge-agentログリスト

enebular-edge-agentの動作ログ及びエラーログです。 さらに情報が必要な方は [email protected] に連絡してください。

動作ログ

ログ 説明
main start enebular-edge-agentの起動
thread boot スレッド生成
wifi connected Wi-Fi接続の確立
device manager initalized デバイス管理機能の初期化
flow def manager initialized フロー管理機能の初期化
uhuru red initialized フロー実行機能の初期化
SD initialized SDカードの初期化
flow deployed フローのデプロイ
flow executing フロー実行中
flow executed フロー実行終了
flash updated: device bandle デバイスバンドルのフラッシュアップデート
flash updated: flow define フロー定義のフラッシュアップデート
storage initialized ストレージの初期化

エラーログ

ログ 説明
flow URL connect timeout フローのダウンロード中のタイムアウト
flow download failed フローのダウンロード失敗
flow data error フローの整合性エラー
flow size over フローのサイズオーバー
writing flow failed SDカードへのフロー書き込み失敗
reading flow failed SDカードからのフロー読み込み失敗
flow URL size over フローダウンロードURLのサイズオーバー
mbed cloud factory configurator client error Pelion Device Managementとの接続エラー
flow runtime not found フロー実行コードが見つからない
flow file not found フロー定義が見つからない
js interpreter error javascript実行ライブラリのエラー
js flow json parse error フロー定義のパースエラー
js node initialize error ノード初期化エラー
js flow stopped error フローの停止
js flow execute error フロー実行エラー
js waiting list overflow フロー実行待ちタスクオーバーフロー
device auth none license ライセンスが存在しない
device auth https error ライセンス認証接続エラー
device auth invalid ライセンスが無効
token https error トークン取得エラー
activate device https error アクティベート接続エラー
log https error ログ送信エラー

ログExport

enebularに蓄積されたデバイスのログを自分のPCにダウンロードすることができます。

Export対象のログは以下の二つを指定することにより特定します。

  • Project(有償Projectのみが対象です)
  • 期間(ログが送信された日付で指定します。タイムゾーンはUTCです)

上記を指定すると、指定したProjectに属するライセンスが付与されたデバイスが、指定した期間の間に送信したログをExportできます。

ログExportの手順

ログのExportの手順を以下に示します。

  1. Projectを選択する画面にて、ログをExportしたいデバイスが所属するProjectを選択します
  2. 左のメニューからDevicesをクリックします
  3. 右上に表示されるExport Logsボタンをクリックします
  4. カレンダーが表示されるので、ログをExportしたい期間を選択し、Exportボタンをクリックします

上記を実施するとログのExportが始まり、完了したらメールにて通知します。 ログの量によっては最大24時間程度かかることがあります。

完了の通知メールには、ログを圧縮したZIPファイルをダウンロードするためのリンクが含まれますので、そのリンクをクリックしてダウンロードしてください。 ダウンロードのリンクは24時間有効です。

ダウンロードされるZIPファイル

圧縮対象のログファイル数が多い場合は分割して複数のZIPファイルを生成します。分割のルールは以下です。

  • デバイスが出力したログファイル数を加算していき、1万ファイルを超えない範囲で一つのZIPファイルに圧縮します
  • 1台のデバイスが生成したログファイルが1万を超える場合にはそれらを一つのZIPファイルに圧縮します

ダウンロードするログを圧縮したZIPファイルの名称は<Project名>.zipです。 分割した場合は<Project名>_<N>.zipです(Nは1から始まる整数)。

ZIPファイルを展開すると以下の構成のディレクトリ/ファイルが生成されます

  • <Project名>フォルダ
    • <Connection名>フォルダ(同名のConnection名のフォルダが既に存在している場合はフォルダ名の後に_<M>(Mは1から始まる整数)を付与します)
      • <DeviceId>フォルダ(Pelionの場合はフォルダ名にPelion Device Nameを利用します)
        • <UTCミリ秒>.jsonファイル(例: 1560506700000.json)

ログExportの制約事項

  • 一度にExportできるログファイル数は120万ファイルです(Deviceは通常5分に1回ログを送信するため、Deviceが200台あった場合およそ20日分のログファイルが出力できます)
  • 一度にExportできるログファイルの期間は30日分となります
  • ログをExport中のProjectに対して同時にログをExportすることはできません
  • システムがBusy状態の場合、システム負荷が低下するまでログExportを受け付けられないことがあります。数時間後に再度、実行してください

results matching ""

    No results matching ""