実行環境の管理

はじめに

実行環境は、左側に表示するサイドメニューの実行環境から利用できます。 ここでは、画面構成に沿って実行環境の利用方法を説明します。

実行環境の一覧画面

実行環境の確認

サイドメニューの実行環境をクリックすると実行環境の一覧を表示します。 この一覧では、各実行環境について以下の項目を確認できます。

  • 名称
    実行環境の名前です。
  • ステータス
    実行環境の状態を表します。
    • 有効: HTTPトリガー/スケジュールトリガーのどちらか、または両方がONであり、フロー実行可能な状態
    • 無効: HTTPトリガー/スケジュールトリガーの両方がOFFであり、フロー実行不可の状態
    • 制限中: 今月の利用上限を超え、フロー実行や設定変更等が制限されている状態
  • 種別
    実行環境の種類です。現状は、クラウド固定です。
  • フロー
    実行環境にデプロイされたフローの名前です。
  • フローのバージョン
    実行環境にデプロイされたフローのバージョンです。
  • 最終フローデプロイ結果
    実行環境に対して最後にフローをデプロイした結果です。デプロイエラーやデプロイ失敗の場合は、その前にデプロイしていたフローが利用可能な状態になります。
  • ログ
    実行環境で出力されたログを閲覧する画面へのリンク(アイコン)を表示します。
  • タグ
    実行環境を分類するために必要に応じタグを付与できます。複数のタグを付与することもできます。

実行環境の作成

実行環境を作成する場合は、右下の+ボタンを押します。 実行環境の名称を入力するためのダイアログが表示されますので、名称を入力し、OKボタンを押します。

しばらくすると実行環境の作成が完了し、実行環境の一覧に作成した実行環境が表示されます。

プロジェクト毎に作成できる実行環境の数には上限があります。すでに上限分実行環境が作成済みであれば+ボタンを表示しません。

概要タブ

概要情報の確認

実行環境の一覧画面にて、実行環境の名称をクリックするとその実行環境の概要タブを表示します。

概要画面では、実行環境の名称、デプロイしたフロー、デプロイしたフローのバージョンに加え、実行環境の使用状況を確認できます。 確認できる使用状況は以下の通りです。各々今月分の集計結果になります。

  • フローデプロイ回数
    実行環境にフローをデプロイした回数です。
  • 実行時間
    実行環境で処理を行った合計時間です。何も処理を行っていない時間は集計対象となりません。/(スラッシュ)以降には、今月実行できる時間の上限を表示します。
  • ログサイズ
    実行環境がフローを実行した際に出力したログのサイズです(表示に反映されるまで24時間程度かかることがあります)。/(スラッシュ)以降には、今月出力できるログサイズの上限を表示します。
  • 実行エラー回数
    実行環境で発生したエラーの回数です。
  • 最大同時実行数
    実行環境が同時に実行されたときの最大数です。

実行時間、ログサイズが上限を超えた場合は、その項目が赤字で表示され、当月は実行環境を利用できなくなります。

上限と、上限を超えた場合の制限については、「月当たりの利用上限」を参照ください。

また、使用状況については、右上の[ユーザー名]-[使用状況]-[クラウド実行環境]をクリックすると別の実行環境や先月の状況も含め確認できます。

フローのデプロイ

概要タブの右にあるデプロイボタンから実行環境にフローをデプロイできます。 デプロイボタンを押すと、デプロイ対象のフローを選択するダイアログが表示されます。

デプロイしたいフローを選択します。このフローがバージョン管理されていれば、次へボタンが表示され、バージョン監理されていなければデプロイボタンが表示されます。 次へボタンがクリックすると、バージョンを選択する画面が表示されますので、デプロイしたいバージョンを選択します。 デプロイボタンを押すと、実行環境へのフローのデプロイが開始され、デプロイ履歴タブに切り替わります。

デプロイが完了すると、デプロイステータスの表示が、デプロイ中からデプロイ済みに変わります。

フローの確認

実行環境にフローがデプロイされている場合、概要タブの右側にViewボタンを表示します。

デプロイされているフローを確認したい場合は、Viewボタンをクリックし、デプロイされているフローの概要タブに遷移してください。

デプロイ履歴タブ

デプロイ履歴の確認

実行環境へのフローのデプロイ履歴を確認できます。確認できる項目を以下に示します。

  • 名称
    デプロイしたフローの名称です。
  • アセット種別
    デプロイしたアセットの種別です。実行環境の場合、デプロイできるのはフローのみなのでフローに固定されます。
  • デプロイステータス
    デプロイの状況を表示します。デプロイを実施すると、デプロイ中となり、デプロイが成功するとデプロイ済みとなります。
  • バージョン
    デプロイしたフローのバージョンです。
  • デプロイ実行者
    デプロイを実行したユーザー名です。
  • リクエスト日時
    デプロイを実行した日時です。
  • 最終更新日時
    デプロイ状況を最後に更新した日時です。
  • 再デプロイ
    同じフローの再デプロイを行うためのボタン(アイコン)を表示します。

デプロイ

右上のデプロイボタンからフローをデプロイできます。 デプロイ操作は、概要タブのデプロイボタンからデプロイを行う場合と同様です。

再デプロイ

デプロイ履歴の一覧表の再デプロイ列のアイコンをクリックすることで、デプロイしたフローを再度デプロイできます。

再デプロイボタンをクリックすると、確認ダイアログが表示されます。確認ボタンをクリックすると再デプロイを開始します。

アクセスタブ

実行環境に対するアクセス制御を設定できます。

プロジェクトの所有者、管理者ロールのユーザーは、実行環境に対してすべての操作を行うことができます。 ここでアクセスの設定を行えるのは、コラボレーターロールのユーザーに対するアクセス制御です。アクセス制御できる操作は以下です。

  • ログ
    実行環境のログの閲覧可/不可を制御します。ログを閲覧不可にした場合、そのユーザーが実行環境画面を表示するとログタブは表示されなくなります。
  • デプロイ
    実行環境へのフローのデプロイ可/不可を制御します。デプロイを不可にした場合、そのユーザーが実行環境画面を表示するとデプロイボタン、およびデプロイ履歴タブは表示されなくなります。
  • 設定
    実行環境の設定変更可/不可を制御します。設定変更を不可にした場合、そのユーザーが実行環境画面を表示すると設定タブは表示されなくなります。

アクセス制御の設定は、プロジェクトの所有者、および、管理者ロールのユーザーのみ実施できます。

実行環境作成直後は、デフォルトですべての操作は不可であるため、必要に応じ可に変更してください。

ログタブ

ログの閲覧

実行環境にデプロイされたフローが実行時に出力したログを閲覧できます。

ログは背景が灰色の領域に表示します。 左側にログの受信時刻を水色の文字で表示します。この日時のタイムゾーンはWebブラウザの設定に従います。

右側の<最初のログが出力された時刻>〜<最後のログが出力された時刻>の形式で表示された日時の一覧は、その期間に出力されたログのかたまりを表します。日付をクリックするとそのかたまりに含まれるログが表示されます。

このログのかたまりは、1回以上のフローの実行で出力される一連のログがまとめられます。1回の実行で出力されるログが複数のログのかたまりに分散することはありません。

また、右側の日付のうち濃い黒字になっているログのかたまりは、Webブラウザに読み込み済みであることを表します。読み込み済みのログは、すぐに表示できますが、読み込まれていない場合は表示までに時間がかかることもあります。

ライブモード

上部のライブモードをONにすると、5秒間隔で自動的にログの取得を行います。

フローを動作させながらデバッグを行う場合に有用です。

フィルター

ログを検索したい場合は、上部のフィルターボタンから行うことができます。

フィルターで利用できるパラメーターは以下です。

  • フィルターしたい語句
    特定のキーワードで検索したい場合には、フィルターしたい語句欄にそのキーワードを入力してください。
  • 開始時間 ログの検索対象の開始時間を指定します。開始時間を設定するをONにすると、日時を入力するフォームが表示されるので日時を指定してください。日時は、Webブラウザに設定されたタイムゾーンで入力してください。
  • 終了時間 ログの検索対象の終了時間を指定します。終了時間を設定するをONにすると、日時を入力するフォームが表示されるので日時を指定してください。日時は、Webブラウザに設定されたタイムゾーンで入力してください。

上記を設定し、確認ボタンを押すと条件に合致するログのみ表示されます。

設定タブ

タグの追加

実行環境の区別をするために、タグを付与できます。

設定タブの上部にクリックしてタグを追加と表示があるので、これをクリックして付与したい文字列を入力し、改行キーを押してください。同様の操作を繰り返すことで複数のタグを入力できます。

タグは、概要タブ、設定タブ、実行環境の一覧画面で閲覧できます。

設定を編集する

設定を変更するには、右上の設定を編集するをクリックしてください。 クリックすると編集モードに変わり、設定を変更できるようになります。

名称

実行環境の名称を変更します。

トリガー設定

HTTPトリガー

実行環境にデプロイしたフローをHTTPリクエストにより実行できるようにします。

HTTPトリガーのトグルスイッチをONにし、パスにフローを呼び出すためのパスの文字列を指定してください。すでに他の実行環境で利用されているパスは利用することができません。

HTTPトリガーを設定すると、以下のURLにアクセスすることにより、フローを呼び出すことが可能になります。

https://lcdp<3桁の番号>.enebular.com/<指定したパス>/

3桁の番号は、HTTPトリガーを設定したときに自動的に決定される番号です。

上記URLは、HTTPトリガーのトグルスイッチをオフにしてもキープされ続けます。

URLを解放したい場合は、パス欄を空欄にして設定を保存します。

スケジュールトリガー

定期的にフローを実行したい場合に、スケジュールトリガーを設定してください。

スケジュールトリガーのトグルスイッチをONにし、スケジュールの指定を行うことで設定できます。

たとえば、10分おきにフローを実行したい場合は、毎分と記載された欄をクリックし、0、10、20、30、40、50を選択すると指定できます。

次のスケジュールトリガー欄に、今後の実行予定が3件分表示されますので参考にしてください。

以下にスケジュールトリガーを利用する際の注意点を列挙します。

  • スケジュールトリガーで指定できる最小の頻度は1分毎です
  • 指定された実行日時から1分程度の遅延の可能性があります
  • なんらかの理由でスケジュールトリガーの実行が行われなかった場合、実行できるようになったタイミングで実行されます(次のスケジュールされた時刻まで待つことはしません)
    • 例1: たとえば1時間毎の0分に実行するように設定していた状態で、障害などにより10:00の実行が行われず、10:30に障害から復旧した場合には10:30に実行されます(その次の実行予定は11:00です)
    • 例2: たとえば1時間毎の0分に実行するように設定していた状態で、障害などにより10:00の実行が行われず、11:30に障害から復旧した場合には10:00の実行はスキップされ、11:30に実行されます(その次の実行予定は12:00です)

タイムアウト

フローの実行を中断するまでのタイムアウト時間を指定します。適切なタイムアウト時間を指定することで、予想外に実行時間が増えてしまうことを抑止できます。

1回のフローの実行時間が、ここで指定したタイムアウト時間を超えた場合、フローの実行は中断されます。

環境変数

実行環境に環境変数を設定します。

環境変数は、キーと値のペアで、実行環境毎に複数の環境変数を指定できます。

設定した環境変数は、フローから参照します。1つのフローを複数の実行環境にデプロイして実行する場合に、実行環境に応じて振る舞いを変更するために利用します。

たとえば、テスト用実行環境からアクセスする外部サーバと、本番用実行環境からアクセスする外部サーバのURLを別にしたい場合、テスト用実行環境の環境変数にテスト用の外部サーバのURLを設定し、本番用実行環境の環境変数に本番用の外部サーバのURLを設定することでテストと本番で同じフローが利用できます。

環境変数を追加するには、環境変数欄のキーと値の入力フィールドに適切な値を入力し、追加ボタンを押します。 これを繰り返すことで複数の環境変数を追加可能です。

すでに追加した環境変数の値を変更したい場合は、設定済みの環境変数の右の鉛筆アイコンをクリックすると編集できるようになります。

環境変数を削除したい場合は、設定済みの環境変数の右のXアイコンをクリックすると削除できます。

環境変数に、AWS_またはLAMBDA_から始まるキーを設定することはできません。

削除

実行環境を削除したい場合は、削除ボタンを押して実施します。

results matching ""

    No results matching ""