enebular editor

Overview

enebular editor は ブラウザ上ではなくローカル環境でフローの編集とデプロイ( AWS IoT, Pelion Device Management, AWS Lambda, Heroku)のできるソフトウェアです。

Modes

enebular editor には DesktopRemote の二つのモードがあります。

Desktop

デスクトップモードは、ノード のサポートが PC やブラウザの API に限られている場合に使用します。 enebular editor はクラウドではなくアプリケーションからフローエディタを読み込みます。

デスクトップモードはポート1888で走っています。

Remote

enebular-agent v2.3.0 以降の linux デバイス(Raspberry Pi など)のフローを編集する場合に使用します。 Raspberry Pi のセンサー用ノードなど、デバイスでしか動かないノードを用いたフローを編集することができます。 AWS IoT または Pelion Device Management との接続が必要です。 enebular editor は enebular-agent のフローエディタをリモートで開きます。enebular editorのRemoteモードの詳細については、リモートモードでフローを読み込み を参照してください。

また、enebular editorをenebular-agentに接続する際には、enebular-agentが開発者モードで起動している必要があります。 開発者モードについては、enebular-agentの開発者モードを参照してください。

Requirements

  • enebular アカウント
  • ネットワークに接続している PC
  • Node 10.14.2 LTS

How to install

For Windows

  1. こちらからインストーラをダウンロードします。

  2. exe ファイルのインストーラーを実行します。

For Mac

  1. こちらからインストーラをダウンロードします。

  2. dmg ファイルのインストーラーを実行します。

results matching ""

    No results matching ""