enebular Release Notes

Latest Release - 2.12.0 (June 14th, 2019)

New

  • Device ListからFile Deployする機能を追加しました

Fixed

  • File Deployのデプロイ先デバイス選択のリスト表示の際、ConnectionにDevice StatusがDisconnectedのデバイスが100台以上存在すると、正しくデバイスが表示されない不具合を修正しました

Changed

  • License Managerでライセンスのリストをページ切替えで分割して表示するよう変更しました
  • Sidebar に使用されている文言を変更しました
    • Device List > Devices
    • Billing Information > Billing Info
    • License Manager > Licenses
  • アセットのSearch Formを画面最上部から、各アセットのページ中に移動しました

Known Issues

  • InfoMotionを埋め込んだ共有ページでは、filter機能が使用できません
  • 英語のContact画面からenebularロゴを押してトップページに移動した場合、日本語で表示されます

Release History


enebular-agent Release Notes

Latest Release - 2.6.0 (May 31st, 2019)

New

  • Device List からフローの実行/停止が切り替えられるようになりました

Fixed

N/A

Changed

N/A

Known Issues

N/A

推奨動作ハードウェアは下記の通りです。

  • Raspberry PI3 Model B

Operating Environment

推奨動作環境は下記の通りです。

Raspberry PI3 Model B

Raspbian Stretch base (9.0)
  • nodejs 8.9.0
  • npm 5.5.1
  • node-red 0.17.5

Raspbian Jessie base (8.0)

  • nodejs 8.9.0
  • npm 5.5.1
  • node-red 0.17.5

Linux (VirtualBox)

Debian Jessie (8.9)
  • nodejs 9.2.0
  • npm 5.5.1
  • node-red 0.17.5
Debian Stretch (9.1)
  • nodejs 9.2.1
  • npm 5.6.0
  • node-red 0.17.5

Release History

  • 2.6.0 (May 31st, 2019)
  • 2.5.0 (May 8th, 2019)
  • 2.4.0 (February 21st, 2019)
  • 2.3.0 (November 30th, 2018)
  • 2.2.0 (September 7th, 2018)
  • 2.1.0 (June 7th, 2018)
  • 2.0.0 (Jan 30th, 2018)

enebular-edge-agent Release Notes

Latest Release - 1.4.0 (May 31st, 2019)

New

  • enebular からフローの実行/停止が切り替えられるようになりました

Fixed

  • N/A

Changed

  • N/A

Known Issues

  • enebular と定周期で行っているステータス通知中に無線 LAN が切断された場合、極稀に無線 LAN 環境が復旧してもデバイスの通信が復旧しないことがあります
    • 再起動することで復旧します

Operating Environment

Operating System

Hardware

enebular-edge-agent 1.2.0 は、下記のハードウェアを対象としています。

Communication

  • IEEE 802.11 b/g/n (IEEE 802.11n は 2.4GHz のみの対応です)
  • WPA/WPA2

enebular Reference Board Configuration Tool 1.2.0

New

  • enebular-edge-agentに保存されているログを、eRB Config. Toolで確認できるようになりました
  • debugノードの出力をeRB Config. Toolで確認できるようになりました

Fixed

  • N/A

Changed

  • N/A

Known Issues

  • N/A

Release History


enebular editor Release Notes

Latest Release - 0.10.1 (May 8th, 2019)

New

N/A

Fixed

N/A

Changed

  • enebular v2.10.0 において、大量の IoT デバイスの接続を可能にするための改善作業を行いました。これにともない、Connection Type が AWS IoT の場合の Connection 作成方法が変更になり、従来の設定項目に加えて、IAM Role ARN の入力が必要になります (詳しい設定方法はAWSIoT の Connection 作成を参照してください)

Known Issues

  • enebular editor を enebular-agent に接続して flow を編集する場合、AWS Lambda Request ノードが使えません

Release History

results matching ""

    No results matching ""