Data Source Schema

すべてのデータソースのデータは、下記のスキーマに示すように Unix タイムスタンプ値を含む ts キーを持つ必要があります。 ts の値は、daterange picker や timeline によりビジュアライズするデータ範囲を特定する際に InfoMotion で利用されます。 また、このデータは InfoType に渡され、graph や chart を描画するときにも利用することがあります。

{
  ts: Unix Timestamp milliseconds since Jan 01 1970. (UTC), // timestamp for daterange, timeline and querying.
  // All data in this object is passed to the infotype
}

InfoType サンプルデータ

InfoType 毎に、データに特定のキーと値が含まれることが必要となります。 InfoType に応じて必要となるキーと値を知るには、InfoType のプレビューの右側に表示されるサンプルデータが役に立ちます。

sampleBarChart

上記に示すように、enebular の sample barchart では、以下のキーと値を必要とします。

{
  ts: Unix Timestamp milliseconds since Jan 01 1970. (UTC),
  category: String,
  value: Number
}

JSON Data Schema

{
  "type": "object",
  "required": ["ts"],
  "properties": {
    "ts": {
      "$id": "#/properties/ts",
      "type": "integer",
      "title": "The ts Schema",
      "examples": [1542352981750]
    }
  }
}

results matching ""

    No results matching ""