フローの作成

Firebase の準備ができたのでデータをプッシュするフローを作成します。 enebular のプロジェクトの右下の +ボタンをクリックし、新しいフローを作成します。

CreateFlow-flowList

任意の名前を付けて [Continue] をクリックします。

CreateFlow-createFlow

[Edit Flow] をクリックしてフローエディターを開きます。

CreateFlow-editFlow

下記のノードを配置し、下記の画像のようなフローを作成してください。

  • inject ノード
  • function ノード
  • firebase modify ノード
  • debug ノード

(もし、Firebase のノードが存在してなかったら、 node-red-contrib-firebase を admin タブよりインストールしてください)

CreateFlow-flow

次に inject ノード(表示は timestamp )のモーダル画面を表示します。

repeat を [interval] とし、every [10] seconds に設定します。 [Done] をクリックして、モーダル画面を閉じます。

CreateFlow-injectNode

function ノードをダブルクリックして edit function node のモーダル画面を表示してください。 下記スクリプトをコピーして Function に貼り付けます。

CreateFlow-functionNode

var data = {
        timestamp: Date.now(),
        value:{
            category:['A','B','C','D'][Math.floor(Math.random()*4)],
            value: Math.floor(Math.random()*10),
            created:Date.now()
        }
      }

msg.payload = data;
return msg;

次にfirebase ノードのモーダル画面を表示します。 鉛筆のアイコンをクリックして、Edit firebase config node のモーダル画面を表示します。

Firebase には先ほど作成した Firebase プロジェクトの ID を入力してください。 Auth Type は [None] を選択します。設定が終わったら [Add] をクリックして保存します。

CreateFlow-firebaseConfigNode

Child pathには「test」 を入力し、Method は [push] を選択、value は「msg.payload」のままにし、 [Done] をクリックします。

CreateFlow-firebaseNode

全てのノードの準備ができたので、 [Deploy] を押してノードを実行します。

フローの実行ログをエディター右部のデバッグタブより閲覧できます。 下記のようなログが表示され、正しくフローが実行されていることを確認してください。

CreateFlow-debugLog

次に Firebase のページで先ほど作ったアプリからデータにデータが追加されているか確認します。

CreateFlow-firebaseProjectDatabase-ja

results matching ""

    No results matching ""