DataSource の作成

フローを作成したものと同じプロジェクトの Data Souce のページを表示します。 右下の + ボタンをクリックして、 Data Sourceを追加します。

CreateDataSource-datasource

Title に任意の名前を入力し、DataSource Type から [Firebase] を選択してください。 Firebase 用の設定画面が開きます。 設定項目を入力し [Save] を押して保存してください。 各設定項目の確認方法は下記を参考にしてください。

CreateDataSource-settings

DataSourceが追加されていることを確認してください。

CreateDataSource-newOne

各設定項目の確認

下記項目は、スニペットから確認できます。

  • Api Key
  • Auth Domain
  • `Database URL
  • Project Id
  • Storage Bucket
  • Messaging Sender Id

Firebase の左部メニューの [Project Overview] をクリックし、プロジェクトのトップページを開きます。 トップページ真ん中の [ウェブアプリに Firebase を追加] をクリックし、スニペットを表示してください。

Setup-firebaseKeys-ja

残りの項目の Ref はフローで用いる Child path を入力します。(Firebase ではコレクション名となっています。) または、他の方法で作成したものを入力します。 CreateFlow で作成したフローでは、[test] と設定しています。

CreateFlow-firebaseNode

Ref の設定値には /(スラッシュ) が前方に必要なので「/test」としてください。

InfoMotionの作成

DataSource を使用する準備ができました。 InfoMotion ダッシュボードを作成する際に作った DataSource を選択することでデータをグラフに反映できます。

詳しくは以下のページを順に参照してください。

results matching ""

    No results matching ""