API Gateway DataSource の作成

※ InfoMotionのライブモードは使用できません

Project のダッシュボードの左メニューの Data Sources をクリックし、右下のプラスボタンをクリックして新規 Data Source を作成してください。

CreateDataSource-createModal

  • Endpoint
    • 下記を参考に API Gateway の Endpoint を入力してください。
  • API Key
    • 下記を参考に API Gateway の API Key を作成し、入力してください。

各項目の入力が終わったら Save を押して、DataSourceを保存します。

新しくAPI GatewayのDataSourceが作成されていることを確認してください。

CreateDataSource-addNewOne

Endpoint

Endpoint は https://[固有id].execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/[ステージ名]/[メソッド名] の形式です。 Setup & Create Lambda Function で作成したAPI Gatewayを例に挙げるとhttps://*********.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/teststage/test が Endpoint として入力する URL です。

固有id 及び ステージ名は、Amazon API Gateway の [ステージ] のページより確認できます。

CreateDataSource-endpoint-ja

メソッド名 は、[リソース] のページより確認できます。

CreateDataSource-endpointMethod-ja

API key

Amazon API Gateway の API Key を作成方法を説明します。 詳しくは公式ドキュメントを参考にしてください。

登録する API Gateway の左メニューから [API キー] を選択します。 遷移したページの [アクション] をクリックし、メニューから [API キーの作成] を選択してください。

CreateDataSource-createAPI-ja

適当な名前をつけて作成します。

CreateDataSource-nameAPIKey-ja

作成したら API キーの文字列を DataSource で登録する API Key が表示されます。

CreateDataSource-confirmAPIKey-ja

InfoMotionの作成

DataSource を使用する準備ができました。 InfoMotion ダッシュボードを作成する際に作った DataSource を選択することでデータをグラフに反映できます。

詳しくは以下のページを順に参照してください。

results matching ""

    No results matching ""