Herokuへのフローのデプロイ

enebularの特徴として、作成したフローをさまざまな環境にデプロイし動作させるというものがあります。 このチュートリアルでは、「フローを別のサービス(Heroku)にデプロイし動作する」ということをします。(所要時間40分)

このチュートリアルでは以下のことを行います。

なお、本ページは フローの作成~実行のチュートリアルでアセット(フロー)の作成方法については理解していることを前提としています。 Herokuアカウントの取得については、Heroku から進めてください。

Table of Contents

  1. Herokuに送るフローを作成
  2. デプロイの設定
  3. Herokuボタンでアプリを作成
  4. フローのデプロイ

Heroku に送るフローを作成

flow アセットからフローを作成します(すでにフローを作成済みの場合、それを利用することも可能です)。

Herokuに送りたいフローを作成して、保存ボタンを押下して保存します。

deployButton

デプロイの設定

つづいて、デプロイの設定をします。
フローが作成できたらフローの管理画面右のデプロイボタンを押下して、デプロイのためのモーダルを開きます。

otherEnvDeploy

表示されたモーダルのコネクションの追加をクリックします。 addConnection

コネクション種別からHerokuを選択します。 コネクション名はわかりやすい名前をつけます。Heroku API トークンはHerokuの設定画面で確認します。

selectHeroku

Herokuにログイン後、ページ右上にある Account Settingsを押下します。

accountSettings

Manage AccountページでAccountページに移動します。

account

API Key欄に移動しRevealでAPI Keyを表示します。

revealApikey

Heroku API TokenにAPI Keyをコピーして、Saveを押下します。

inputAPIkey

新しくconnectionが追加されたので、クリックしてください。

createdConnection

開いた画面の下部にあるDeploy to Herokuからアプリを作成します。

herokuButton

Heroku ボタンでアプリを作成

Herokuボタンでアプリを作成します。すでに作成されている方は読み飛ばしてください。
Herokuボタンを押すとログインしていない場合、Herokuのログイン画面が出てくるのでログインします。

loginHeroku

Herokuのアプリ設定が表示されます。

herokuSetting

App nameをわかりやすい名前で設定します。

appName

作成後のenebular Node-REDのログインするためのUSERNAME/PASSWORDを設定します。

userName

入力が完了したらDeploy appボタンを押下してデプロイを行ってください。

deployApp

Herokuにクレジットカード情報を登録していない場合、以下のような入力画面が出ますが、本アプリは無料で利用できますので入力して継続ください。

creditCard

情報を入力すると、アプリの作成が始まります。

creatingHeroku

下記のようにアプリが作成されていきます。 アプリの作成が完了するとViewボタンが表示されるので押下します。

doneCreated

アプリが立ち上がり、enebularにログインするためのUSERNAME/PASSWORDの入力を求められます。
さきほど設定したものを入力してログインします。エディターが表示されることを確認します。

agentOnHeroku

フローのデプロイ

保存され、Select Connection TypeからHerokuを選択すると、Herokuアカウントの持つアプリ一覧が出てきます。

こちらから、さきほど作成したHerokuアプリをひとつチェックしDeployを押下します。

appList

しばらく待っているとDeploy Addedが表示されてデプロイが完了します。

Herokuアプリで確認すると無事フローがデプロイされています。

openApp

反映されたフローを確認します。

confirmDeployed

Well Done!

enebularのデプロイ機能を使用して、作成したアセット(フロー)を別のサービスにデプロイすることができるようになりました。

results matching ""

    No results matching ""