Flow

Flow は、ハードウェアデバイス・API およびオンラインサービスを接続するためのツール Node-RED ベースのフローエディタを利用して作成する、データフローのことです。

なお、下の画像のように、Node-RED 上で Flow をデプロイすることができますが、こちらは Flow を保存することが目的で、数分間でスリープする点に注意して下さい。

データフローを長い時間稼働させたい場合は、他のサービスへデプロイする必要があります。

作成した Flow は enebular 上で確認できます。

Flow を選択すると、Flow の詳細画面に移動します。

Overview

Overview では Flow 情報の編集、Flow の公開ができます。Flow 情報は、Flow を公開した際に他のユーザーが見てどういう Flow か理解しやすくする手助けになりますので、出来るだけすべての情報について記載することをおすすめします。

Flow の公開については Publish Flow をご覧ください。

Deploy

Deploy では Flow を特定のサービスへデプロイできます。

それぞれのサービスへの詳しいデプロイ方法は Deploy をご覧ください。

Devices

Devices では外部サービスへデプロイしたデバイスの状態を一覧で見ることができます。なお、こちらは実装予定の有償機能になります。

Access

Access では Flow のアクセス権を編集できます。

詳しくは Access Control をご覧ください。

Settings

Settings では Flow の名前や説明の編集、Flow の削除ができます。

results matching ""

    No results matching ""