Milkcocoa のフロー

Milkcocoa にデータを保存するフローを作成します。Milkcocoa DataSource として利用できます。

DataSource を確認

今回、操作したい DataSource を確認しておきます。この Flow を作成する前に、Milkcocoa のチュートリアルページの Milkcocoa を使う準備をするを参考に、アプリを作成して app_id と、Milkcocoa 管理画面内の「認証」タブから作成出来るAPI KeyAPI Secretを控えておいて下さい。

image

DataSource 対象のデータストアは今回の場合、mbed という Milkcocoa データストアを使います。

Data Flow を起動

Data Flow を準備してDataSourceに向けてデータを加工して入力していきます。

image

Edit Flow ボタンをクリックします。

image

Flow Editor が別ウィンドウで開きます。

DataSource にデータを加工する例

今回の仕組み

DataSourceにデータを加工する例では以下のように構成します。

フロー

injectノード→functionノード→milkcocoaノード→debugノードの順に配置します。

image

injectノードの設定

image

injectノードの設定は配置時そのままの設定でOKです。

functionノードの設定

image

functionノードは以下の設定を行います。

image

このスクリプトは、Milkcocoaに対して0~10のランダム、国と作成日時を送る内容です。

var data = {
    country:['JP','USA','CN'][Math.floor(Math.random()*3)],
    value: Math.floor(Math.random()*10),
    created:Date.now()
}

msg.payload = data; 
return msg;

Milkcocoa出力ノードの設定

image

Milkcocoa DataSourceにデータを送るときはMilkcocoa出力ノードを使用します。

image

パレットからMilkcocoa出力ノードを配置します。

image

プロパティを表示して鉛筆ボタンを押してMilkcocoaのアプリ情報を設定します。

image

先ほど確認したアプリ情報をそれぞれ入力します。

  • App ID
    • 今回のDataSourceにおけるMilkcocoaのAPP ID
  • API Key
    • 今回のDataSourceにおけるAPI Key
  • API Secret
    • 今回のDataSourceにおけるAPI Secret

image

Addを押して設定を登録します。

image

先ほどのMilkcocoa 出力ノードの設定に戻りDataSource名も設定します。

image

debugノードの設定

image

debugノードの設定は配置時そのままの設定でOKです。

デプロイ

デプロイをしてウィンドウを閉じます。これでFlow Editorによる設定は終了です。

image

Flow一覧に今回のFlowが表示されます。

動かしてみる

image

inject ノードの左のトリガーをクリックすると、データが保存されます。Milkcocoa の管理画面で保存されたデータを確認できます。

image

results matching ""

    No results matching ""