Files

Files では enebular agent にファイルをデプロイすることが出来ます。
enebular agentでシェルスクリプトを実行したい場合や、設定ファイルを追加したい場合などに利用することが出来ます。

ファイルはアセットの種類の一つで、以下を指します。

  • enebular agent 用の実行ファイル
  • enebular agent で使用する設定ファイル
  • enebular agentで使用するその他のファイル(画像ファイル、動画ファイルなど)

ファイルのデプロイができるのは、プロジェクトのOwner/Adminのみです。Collaboratorはデプロイできません。 信頼できるユーザーにのみにファイルデプロイを許可することで、信頼できないファイルのデプロイを防止します。

画面説明

List

アップロード済みのファイルを一覧表示することが出来ます。 ファイルを選択することでファイルの詳細メニューが表示されます。

No. 項目名 説明
1 File ファイルのアセット名が表示されます。
2 Type ファイルのタイプが表示されます。
3 Last Updated 最後にコネクションを編集した日付が表示されます。

Add

ファイルを新しく登録することが出来ます。

画面右下の + ボタンをクリックしファイルの登録を行います。

ポップアップ画面でファイルの設定を行い upload ボタンをクリックします。

設定項目については、後述する ファイル設定項目 を参照してください。

Overview

登録済みのファイルの全般的な情報を見ることが出来ます。

Deploy

ファイルのデプロイを行うことが出来ます。 また、デプロイの履歴が表示されます。

Devices

デバイスにデプロイしたファイルを削除することが出来ます。

Access

ファイルのアクセス権を設定できます。

Settings

ファイルの設定項目を編集することが出来ます。

ファイル設定項目

ファイルは下記の設定項目を持ちます。

Title

ファイル名を入力します。

Description

ファイルの説明を入力します。

Deploy path

デプロイした際の保存先を指定します。

  • /enebular-runtime-agent/ports/awsiot/assets/ 以下の自由なパス
  • パスの指定は、/enebular-runtime-agent/ports/awsiot/assets/以下のフォルダ名とファイル名です
  • e.g. hoge/hige.txtを指定すると、<root>/enebular-runtime-agent/ports/awsiot/assets/hoge/hige.txt として保存されます

Execution

デプロイしたファイルを実行ファイルとみなして実行させたい場合の設定です。

Execute On Deploy

有効にした場合、デプロイしたファイルを実行ファイルとみなして実行します。 このときenebular-runtime-agentと同じユーザーとして、実行します。

Max Execution Time

Execution の最大実行時間を設定します。 指定できる時間は、秒単位で0〜300秒(5分)とします。

最大実行時間を経過しても、Executionで指定されたファイルの実行が続いている場合は、強制的に処理を停止します。

Execution Arguments

実行時の引数を設定します。

Environmental Variables

環境変数の設定を行います。

  • KEY
    • 環境変数名を入力します
  • VALUE
    • 値を入力します

Deploy Hooks

デプロイの実施時にデプロイ済みのファイルを実行する機能です。

Staging

Pre-Deploy

デプロイの実施前に、Pre-Deployとしてデプロイ済みのファイルを実行します。 ファイルが指定されない場合は、Pre-Deployは実行されません。

e.g.)デプロイ実施前に、デプロイ先フォルダの不要なファイルを削除する処理を行うシェルスクリプトを実行する。

Post-Deploy

デプロイの実施後に、Post-Deployとしてデプロイ済みのファイルを実行します。 ファイルが指定されない場合は、Post-Deployは実行されません。

e.g.)デプロイ実施後に、デプロイ先フォルダの不要なファイルを削除する処理を行うシェルスクリプトを実行する。

Command

実行したいコマンドを入力します。

Max Execution Time

Pre-Deploy および Post-Deploy の最大実行時間を設定します。 指定できる時間は、秒単位で0〜300秒(5分)とします。

最大実行時間を経過しても、Pre-Deploy および Post-Deployで指定されたファイルの実行が続いている場合は、強制的に処理を停止します。

Default Role

ファイルのロールを選択します。

Category

ファイルのカテゴリーを選択します。

results matching ""

    No results matching ""