ユーザー/フォルダ

概要

ここではenebular-agentが使用するLinuxのユーザーおよびフォルダについて説明します。

説明

ユーザー

  • ユーザー

    • enebular-agentのインストール前にユーザーの作成が必要です
    • 作成したユーザーはインストール手順 - オプション-uまたは--userで指定してください

      ユーザーをenebularとした場合、次のように記述します。

      -u=enebular
      

      以降の説明では、「インストール時に指定したユーザー」を「インストールユーザー」と省略して記載します。
      インストールのオプションの詳細はインストール手順 - オプションを参照してください。

  • グループ

    • グループは作成したユーザーと同じ名称になります
    • ユーザーの作成時にグループに所属するメンバは作成したユーザーのみになります
  • 権限

    • 作成するユーザーは一般ユーザーの権限(root権限以外)で作成してください
    • root権限のコマンド(sudoなど)を実行する場合は、ユーザーにsudo権限を追加してください
    • デバイスにデプロイ(ダウンロード)されたフローおよびファイルは次の権限で実行されます
種類 権限
フロー インストールユーザー
ファイル インストールユーザー
  • プロセス enebular-agentが起動するプロセスの、プロセス名とコマンド名(psコマンドで表示される名称)と実行権限は次の表になります。
AWS IoTの場合
プロセス名 コマンド名 実行権限
enebular-agent enebular-awsiot-agent インストールユーザー
Node-RED node-red インストールユーザー
Pelion Device Managementの場合
プロセス名 コマンド名 実行権限
enebular-agent enebular-pelion-agent インストールユーザー
Node-RED node-red インストールユーザー
mbed-cloud-connector enebular-agent-mbed-cloud-connector.elf インストールユーザー

フォルダ

enebular-agentはインストール手順 - オプション-uまたは--user-dまたは--install-dirで指定したフォルダにインストールされます。
-uまたは--userを<ユーザー>に指定し、-dまたは--install-dirを省略した場合は、次のフォルダにインストールされます。

/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/

上記の指定でインストールした場合に作成されるフォルダおよびファイルのパーミッション(アクセス権)と主なフォルダおよびファイルについて、以降で説明します。

  • インストールフォルダおよびファイルのパーミッション一覧
種類 ユーザーパーミッション グループパーミッション その他のパーミッション
フォルダ rwx(注1) r-x(注2) r-x(注2)
ファイル rw-(注3) r--(注4) r--(注4)
ファイル rwx(注5) r-x(注6) r-x(注6)

rwxのrは読み取り・wは書き込み・xはファイルの場合は実行、フォルダの場合はアクセスのそれぞれ可・不可を表しており、上の表の(注X)と下の表の(注X)は対で、次の表の意味になります。

(注X) 種類 パーミッション 読み取り
可/不可
書き込み
可/不可
実行/アクセス
可/不可
(注1) フォルダ rwx アクセス可
(注2) フォルダ r-x 不可 アクセス可
(注3) ファイル rw- 実行不可
(注4) ファイル r-- 不可 実行不可
(注5) ファイル rwx 実行可
(注6) ファイル r-x 不可 実行可

注1の説明:対象はフォルダ、ユーザーのパーミッションは読み取り可、書き込み可、アクセス可

  • enebular-agent関連の機能がインストールされるフォルダ一覧
フォルダ 説明
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/agent/ enebular-agentのコアとなる機能がインストールされるフォルダです
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/node-red/ Node-REDがインストールされるフォルダです(注1)
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/ports/awsiot/ AWS IoT の機能がインストールされるフォルダです
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/ports/pelion/ Pelion Device Managementの機能がインストールされるフォルダです
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/tools/ enebular-agentのユーティリティツールがインストールされるフォルダです
AWS IoT、Pelion Device Management、enebular-agentインストール・アップデート用シェルスクリプトのツールが入っています
  • 注1:詳細については、Node-RED - 備考を参照してください

  • 鍵と証明書あるいは認証情報の保存フォルダ一覧

フォルダ 説明
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/ports/awsiot/certs/ AWS IoTの鍵と証明書が保存されるフォルダです
対象ファイル:拡張子が"pem"のファイル
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/ports/pelion/.pelion-connector/pal/ Pelion Device Managementの認証情報が保存されるフォルダです
  • デプロイされたフローおよびファイルの保存フォルダ一覧
フォルダ 説明
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/node-red/.node-red-config/ デプロイされたフローが保存されるフォルダです
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/ports/awsiot/assets/ AWS IoTのデプロイされたファイルが保存されるフォルダです
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/ports/pelion/assets/ Pelion Device Managementのデプロイされたファイルが保存されるフォルダです
  • JavaScriptのインストールフォルダ
フォルダ 説明
/home/<ユーザー>/nodejs-v<バージョン>/ JavaScript実行環境(Node.js)がインストールされるフォルダです(注1)
<バージョン>:Node.jsのバージョン
  • 注1:詳細については、Node-RED - 備考を参照してください

  • Linuxのシステムフォルダ

フォルダ 説明
/etc/systemd/system/ enebular-agentのLinuxのサービス用のファイルが格納されるフォルダです
作成されるファイル:enebular-agent-<ユーザー>.service(注1)

results matching ""

    No results matching ""