開発者モード

概要

ここではenebular-agentの開発者モードについて説明します。
開発者モードはenebular-agentの起動モードの1つです。

説明

モード

enebular-agentの起動モードには、ノーマルモードと開発者モードの2種類があります。

開発者モードの場合は、enebular editorのリモートモードで接続し、デバイス上のフローを直接編集できます。
リモートモードは、Raspberry Piのセンサー用Nodeなど、デバイス依存のNodeを用いたフローを編集する場合に使用します。

リモートモードでのフローを編集の詳細はリモートモードでフローを読み込みを参照してください。

エージェント実行環境でenebular-agentを利用する場合は、リモートモードでフローを編集することはできません。

起動時動作

Linuxの起動時にenebular-agentはインストールした起動モードで起動されます。

起動モードを開発者モードでインストールした場合(オプション--dev-mode指定)は、enebular-agentは開発者モードで起動され、起動モードをノーマルモードでインストールした場合(オプション--dev-mode省略)は、enebular-agentはノーマルモードで起動されます。
注:オプション--no-startup-registerは省略されるものとして説明しています。

インストール時に指定する起動モードは、ノーマルモードを推奨します。
(常時、開発者モードのまま使用するのは、セキュリティのリスクが高くなるため)

プロセスについての詳細は、ユーザー/フォルダー - ユーザーを参照してください。
インストールのオプションの詳細は、インストール手順 - オプションを参照してください。

事例

設定方法

起動モードの設定方法を、インストールの場合と運用の場合に分けて示します

インストール時の設定方法

インストール時に起動モードはインストール手順 - オプション--dev-modeで指定します。
--dev-modeを指定した時は、開発者モードになり、省略時した時は、ノーマルモードになります。

開発者モードを使用する場合は、インストール時の起動モードはノーマルモードとし、運用時にコマンドで起動モードを開発者モードに変更する方法を推奨します。

運用時の設定方法

運用時に起動モードをコマンドで変更することも可能です。

手順としては、enebular-agentのサービスを停止し、起動モードを指定してenebular-agentを実行し、enebular-agentのサービスを起動します。

-uまたは--userを<ユーザー>に指定し、-dまたは--install-dirを省略してインストールした場合の起動モードの変更手順を以下に示します。-uまたは--userの指定をしていない場合は、<ユーザー>enebularに置き換えて読み進めてください。

まず、インストール時に-uまたは--userで指定した<ユーザー>にてログインし、次の手順にしたがって操作します。

【別のnode.jsがインストールされている環境の場合】環境変数PATHの設定

enebular-agentの起動には、enebular-agentインストーラーが用意したバージョンのnode.jsが必要です。

Raspberry Pi OS等、標準でnode.jsがインストールされている環境では、まず次の手順にしたがい、enebular-agentのインストーラーが用意したnode.jsを使用して起動するように環境変数PATHを設定します。

export PATH=$PATH:/home/<ユーザー>/nodejs-v<バージョン>/bin
export PATH

<バージョン>の部分はenebular-agentのバージョンにより異なります。 enebular-agentとnode.jsのバージョン対応は下表を参照してください。

enebular-agentのバージョン node.jsのバージョン
2.17.0 14.19.1
2.16.0 12.22.10
2.15.5 12.22.5
2.15.4 12.21.0
2.15.3 12.20.0
2.15.0~2.15.2 12.18.1
2.10.0~2.14.1 12.14.0
2.3.1~2.9.1 9.2.1

enebular-agentが2.16.0の場合のコマンド例

export PATH=$PATH:/home/<ユーザー>/nodejs-v12.22.10/bin

設定が終わりましたら、以下のうちのいずれかの方法でenebular-agentを起動します。

起動モード=開発者モードにする場合

sudo systemctl stop enebular-agent-<ユーザー>.service
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/ports/awsiot/bin/enebular-awsiot-agent --dev-mode

起動モード=ノーマルモードにする場合

sudo systemctl stop enebular-agent-<ユーザー>.service
/home/<ユーザー>/enebular-runtime-agent/ports/awsiot/bin/enebular-awsiot-agent

ここで設定した起動モードは、今動作させたenebular-agentに対してのみ有効で、実行を中断した場合やログインし直した場合は、もう一度上記の手順をPATHの設定から行う必要があります。また、Linuxを再起動させた場合は、enebular-agentはインストール時に指定した起動モードで起動します。

results matching ""

    No results matching ""