Mbed Cloudへのデプロイ

フローのデプロイ先はそのままデプロイボタンを押すと、enebular が利用しているサーバーにデプロイされます。Mbed Cloud Deploy は enebular で Mbed Cloud を経由し、登録されているデバイスへフローをデプロイする機能です。

対応デバイスについては Supported Environments をご覧ください。

このページでは、Mbed Cloudを経由してデバイスにフローをデプロイする手順を説明します。

新規フローの作成

まずデバイスへデプロイするフローを作成します。(Project は作成済みとします)

image

フローを作成し [Edit Flow] を押すと、Node-RED の編集画面が立ち上がります。

image

この編集画面でデータフローを編集してFlowを作成します。

データフローの編集

Raspberry Pi へのデプロイの場合

Raspberry Pi の Node-RED を起動し、スタンバイの状態にします。

Raspberry Pi へデプロイするフローを編集します。以下のようなフローを作成します。

image

右上の赤色の [Deploy] を押して保存します。

image

enebular edge agent へのデプロイの場合

あらかじめ、デプロイに使用するデバイスの電源を入れます。

enebular edge agent へのデプロイは下記フローを使います。まずは下記の JSONデータをコピーします。

[{"id":"165c03e8.b6cbdc","type":"inject","z":"ebd56ac3.b5f1d8","name":"","topic":"","payload":"","payloadType":"date","repeat":"5","crontab":"","once":false,"x":110,"y":100,"wires":[["c82f1f55.78329"]]},{"id":"c82f1f55.78329","type":"switch","z":"ebd56ac3.b5f1d8","name":"","property":"led","propertyType":"flow","rules":[{"t":"eq","v":"1","vt":"num"},{"t":"else"}],"checkall":"true","outputs":2,"x":170,"y":180,"wires":[["31c8aef7.fda952"],["cf93bcf1.04a5"]]},{"id":"31c8aef7.fda952","type":"digitalout","z":"ebd56ac3.b5f1d8","pinName":"LED2","value":"true","signalInversion":true,"name":"","x":340,"y":140,"wires":[["6d2afea9.fd836"]]},{"id":"cf93bcf1.04a5","type":"digitalout","z":"ebd56ac3.b5f1d8","pinName":"LED2","value":"false","signalInversion":true,"name":"","x":340,"y":240,"wires":[["f8f4c712.0302c8"]]},{"id":"6d2afea9.fd836","type":"change","z":"ebd56ac3.b5f1d8","name":"","rules":[{"p":"led","t":"set","pt":"flow","to":"0","tot":"num"}],"action":"","property":"","from":"","to":"","reg":false,"x":530,"y":140,"wires":[[]]},{"id":"f8f4c712.0302c8","type":"change","z":"ebd56ac3.b5f1d8","name":"","rules":[{"p":"led","t":"set","pt":"flow","to":"1","tot":"num"}],"action":"","property":"","from":"","to":"","reg":false,"x":530,"y":240,"wires":[[]]}]

右上のメニューボタンより [Import] → [Clipboard] を選択します。

image

先ほどのフローをペーストし、[Import] を押します。

image

以下のようなフローが反映されます。

image

右上の赤色の [Deploy]を 押して保存します。

image

デプロイ

[Deploy] の右にある下矢印から [Export to Other Services] を選択します。

image

新しくウインドウが開いて以下のようなフォームが表示されます。

[Select Connection Type] から [MBED] を選択してください。

image

Select Connectionのフィールドの右側にある [New] を押します。

image

Create Connection を画面が開きます。

image

  • Connection Name
    • 分かりやすい名前を任意で
  • MBED API Key
    • mbed Cloud Portalで確認

必要な MBED API Key は Mbed Cloud Portal より取得できます。

Mbed Cloud Portal の Access management の APIキーページの [新しいAPIキーの作成] を選択します。

image

制約に従って API Key 名を入力、またグループを選択してください。ここでの設定項目は後で変更が可能です。

image

[APIキーの作成] を選択し、ログイン時のパスワード入力します。そして、 [Enter] を選択してください。

image

API Key が表示されます。一度しか確認できないので注意してください。

image

Create Connection の画面に MBED API Key の入力ができたら、[Save]で保存します。

作成した connection を選択できるようになっているので、選択してください。

登録されているデバイスのリストが表示されます。

あらかじめ、電源を入れていたデバイスの Status が connected になっているので選択し、[Deploy] からデプロイをします。

image

確認

Raspberry Pi へのデプロイの場合

ログでフローが更新されているのが確認してください。

image

enebular edge agent へのデプロイの場合

K64F の LED が緑色で点滅することを確認してください。

results matching ""

    No results matching ""