Herokuへのデプロイ

このページでは、enebularで作成したフローをHerokuにデプロイする方法を説明します。

注意: enebular v2.25.3以下のバージョンで作成したHerokuアプリは2020/11/10に利用できなくなります。HerokuのmLab MongoDB Add-onの廃止に伴うHerokuアプリの再作成を参照し、必要に応じ、Herokuアプリの再作成を実施してください。

Herokuにデプロイするフローを作成

Heroku-index-createflow まず、アセットから新しいフローを作成します。

image

作成したフローは、Deployボタンを押すと保存します。

Heroku-index-deploybutton

Herokuコネクションの設定

つづいて、Herokuとのコネクションを設定します。
フローが作成できたら上部のデプロイタブに移動します。

otherEnvDeploy

表示された画面のコネクションの追加をクリックします。 addConnection

コネクション種別からHerokuを選択します。 コネクション名はわかりやすい名前をつけます。HerokuAPIトークンはHerokuの設定画面で確認します。

selectHeroku

Herokuにログイン後ページ右上の[Account Settings]を押します。

accountSettings

Manage AccountページでAccountページに移動します。

account

API Key欄に移動し[Reveal]でAPI Keyを表示します。

revealApikey

HerokuAPIトークンにAPI Keyをコピーして、[保存] を押します。

inputAPIkey

新しくコネクションが追加されます。追加されたコネクションをクリックしてください。

createdConnection

フローをデプロイするには、Herokuにアプリを作成する必要があります。アプリを作成するには、開いた画面の下部にあるDeploy to Herokuボタンをクリックします。

herokuButton

Herokuボタンでアプリを作成

Herokuボタンでアプリを作成します。すでに作成されている方は読み飛ばしてください。
Herokuボタンを押すとログインしていない場合、Herokuのログイン画面が表示されるのでログインします。

loginHeroku

Herokuのアプリ設定が表示されます。

herokuSetting

App nameにわかりやすい名前を設定します。

appName

作成したアプリにデプロイしたenebular Node-REDへログインする際に利用するUSERNAME/PASSWORDを設定します。
AGENT_HEROKU_VERSIONの値は変更しないでください。

userName

入力が完了したらDeploy appボタンを押下してデプロイを行ってください。

deployApp

Herokuにクレジットカード情報を登録していない場合、以下のような入力画面が出ますが、本アプリは無料で利用できますので入力して継続ください。

creditCard

情報を入力すると、アプリの作成が始まります。

creatingHeroku

下記のようにアプリの作成が進みます。

doneCreated

フローのデプロイ

再度、デプロイ先のコネクションの選択画面から作成したHerokuのコネクションをクリックするとアプリの一覧が表示されます。

この画面で、さきほど作成したHerokuアプリをチェックしデプロイボタンを押します。

appList

しばらく待っているとDeployedが表示されてデプロイが完了します。

デプロイされたフローを確認するには、Herokuの画面でOpen appをクリックします。

openApp

ログイン画面が表示されるので、Username、Passwordに、Herokuアプリに設定したUSERNAME/PASSWORDを入力してログインします。 ログインに成功するとデプロイしたフローが表示されます。

confirmDeployed

このフローを編集してもenebularに保存したフローには反映されませんのでご注意ください。

results matching ""

    No results matching ""