デプロイについて

Introduction で述べたように、enebular では作成したアセットをデバイスにデプロイできます。

Deploy flow

Node-RED のフローエディタで作成したデータフローである Flow は外部サービスと連携してデバイスへデプロイできます。

下の画像のように enebular から立ち上げるフローエディタで [Deploy] という操作ができますが、こちらは Flow を保存することが目的で数分間でスリープします。

永続的に稼働させるには外部サービスを利用してデバイスへデプロイする必要があります。

Introduction でも触れましたが、デプロイをする際に知っておくべき概念が2つあります

  • デバイス:アセットの実行環境となるデバイス本体
  • デバイスマスター:enebular からのデプロイのリクエストを受けてデバイスにデプロイを行ったり、デバイスの監視や enebular へのログ送信を行うデバイスのマスター

deploy diagram

AWS IoT や mbed Cloud などエッジデバイスにデプロイをするクラウドサービスの場合、エッジデバイスがデバイスとなり、クラウドサービス自体はデバイスマスターとなります。

Heroku や AWS Lambda などクラウド上に実行環境が存在する場合は、クラウドサービスがデバイスデバイスマスターの両方の役割を担います。

デプロイ可能なフローのサイズ

enebular-edge-agent

最大サイズ:3kB

enebular-agent

最大サイズ:100kB

cloud service

ターゲット 最大サイズ
Heroku 100kB
AWS Lambda 100kB

具体的なデプロイ方法は以下になります。

エッジ

クラウド

results matching ""

    No results matching ""