アクセス権の編集

enebular の Project や Asset のアクセス権についてのドキュメントです。

ユーザーの種類

まずはユーザーの種類について把握しましょう。以下の 3 種類のユーザーがいます。

  • Project Owner
  • Project Collaborator
  • Outside Collaborator

Project Owner は、Project の管理者です。Project のメンバーの編集、その Project に属するすべての Asset のアクセス管理ができます。

Project Collaborator は、Project のメンバーです。その Project に属するすべての Asset にアクセスができます。

Outside Collaborator は、ひとつの Asset に紐付いたメンバーです。ひとつの Asset に対してアクセスできます。

Project Owner は Project の作成者が自動的に Project Owner になります。

Project Collaborator は Project のサイドバーの Access から行くことができる Access ページで Invite できます(Invite できるのは、enebular に登録したメールアカウントのみです)。

Outside Collaborator は Flow の詳細画面の Access タブから行くことができる Access ページで Invite できます(Invite できるのは、enebular に登録したメールアカウントのみです)。

Asset privilege について

そして、3 種類のユーザーにはそれぞれの Asset に対して Asset privilege という権限を設定できます。

  • owner: 閲覧・編集・デプロイ・メンバーの追加
  • superdev: 閲覧・編集・デプロイ
  • developer: 閲覧・編集
  • operator: 閲覧・デプロイ
  • user: 閲覧

Asset privilege は Flow の詳細画面の Access タブから行くことができる Access ページで設定できます。

メンバーの Role の部分を選択することで権限を変更できます。

default privilege は Project Collaborator を Invite した際に、そのメンバーに自動的に与えられる権限です。

なお Outside Collaborator は、default privilege に関わらずデフォルトで user 権限が与えられます。

results matching ""

    No results matching ""